TOGLの特長

強みは「SEO」×「編集」

TOGLは「SEO」×「編集」の知識・経験・スキルの特長を活かし、機能するコンテンツをつくります。

TOGLは「SEO」×「編集」の知識・経験・スキルの特長を活かし、機能するコンテンツをつくります。

Webコンテンツの基礎「SEO」の知見

SEO(検索エンジン最適化)はアテンションの惹きつけ方・文章構成・軽量化・文字数などWebコンテンツ制作全般に役立つ知見です。

SNSでのバズやニュースメディア掲載などがコンテンツの目的だったとしても、SEOの観点が活かせます。
事業につながる検索ボリュームの大きなキーワードを選ぶことは、ペルソナを考えること、ブレない主眼を文章に設定することにもなるからです。

「編集」でファクトと人を揃えてつくる

広めることはもちろん、役に立つ・面白い・品質の高いコンテンツにすることもWeb編集の役割です。
そのためには材料となる「ファクト」と、関わる「人」を揃える必要があります。

Web編集ファームTOGLではビジネスやカルチャーへの幅広い知識を活かしつつ、都度文献や人への取材でファクトを丁寧に揃えてコンテンツを制作します。
『記者ハンドブック』やコピペチェックツールを活用した校正・著作権の確認など品質チェックにも気を配ります。
目的に応じ、カメラマン・漫画家・イラストレーターなどクリエイターと連携し、機能するコンテンツを作り上げていきます。

機能するコンテンツをつくる

そもそも「機能するコンテンツ」とは何でしょうか?
それは「目的を実現するコンテンツ」です。まずは目的を整理する必要があります。

メディアの目的を整理する

企業がオウンドメディアなどメディアを運営するには目的があるはずです。

  • 見込み顧客を増やしたい
  • 商品・サービスの認知を広げたい
  • ユーザーの継続率を上げたい

コンテンツの目的を整理する

この目的を実際に実現するのは、メディアの中にある一つ一つのコンテンツです。
コンテンツ自体にもメディアの目的にリンクした目的が必要です。

  • 誰のために届けるのか(ペルソナ)
  • その人がどうなれば成功か(コンバージョン)
機能するコンテンツをつくる
機能するコンテンツ=良い論文

機能するコンテンツ=良い論文

ではその目的を実現するためにどんな情報を提供するか。どう伝えればより伝わりやすくなるでしょうか。

  • その企業・人ならではの問い・意見を立たせる(主眼)
  • 取材してファクトを揃える(理由・根拠)
  • 届ける相手を考えてストーリーを伝える(構成)

これはほとんど「良い論文」に近い条件です。
面白いことに、Googleのコンテンツ評価のアルゴリズムは「引用数が多いほど権威性が高い」論文のシステムを参考にしています。

機能するコンテンツは「その企業・人ならではの問い・意見」が伝わる「良い論文」でもあるのです。

真の「コンバージョン(変化)」=オンラインコンテンツでユーザーのオフライン時間を豊かにすること。

TOGLはそう信じ、個人や企業の目的実現のために、機能するコンテンツをつくります。

「機能するコンテンツ」をつくりたい方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ